2017・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/09/28 (Thu) 戒め日記
エレベーターをおりると、いきなり書類を差し出しながら
「また来月来て」
とぶっきらぼうに言われた。
相手は仕事で忙しいんだからと言わんばかりに手を動かしながら、
ぶつぶつと16:30の待ち合わせなのに、と言う。

どうやら相手は勘違いをしているようだ。
私が待ち合わせ時間の変更について説明をすると、相手はすぐに理解をしてくれたのだが
まだ一度芽生えた疑心は心の中で引っかかっているようだ。
それもそうでしょう。
信頼のない相手には、ちょっとした行動がすべて疑いにつながる。

「あぁ、この人は2時間もいらいらしていたんだなぁ。
 きっとぶつぶつ私に対する今までの業務態度とか言ってたんだろうなぁ。
 私で2時間もパワーを使ってたのか。」
と半ば同情心のようなものが私の中で湧き出る。
50代の親父に同情する22歳の私。
図的にはおもしろいが、世間的には上司と部下の図。
今、この図は壊れようとしている。

精算を済ませ、今日のメインイベント。
この問いがしたくて、わざわざ足を運んだのだ。
回答は想像するものとほぼ同じ。
私の欠点がこの結果を招いたのだから、文句を言うつもりはない。
しかし、私以外の要因もあって今の状態があることを私は知っている。
彼は私が気づいていることに気づいているかしら。

聞きながら涙が出そうになる。
別に感動しているわけでも悲しくて泣いているのではない。
すぐ泣くのはいつものこと。
だけどこの涙は、自分への怒りと自分への情けなさ。

私は結局、相手がどのような人間か分かっていたのにも関わらず
自分のペースで好きなようにやっていただけ。
しかしもっと悲しかったことは、自分の掲げていたモットーを実行しなかっこと。

「目の前にあることを今、一生懸命にやる」
私はそれを怠った。
当然の始末。
何より、このことがこんなにも後悔することだとは思わなかった。
日々の行動が将来のチャンスを産むことを私はよく知っている。

今回気がついたことは、日々の信用がやがて信頼につながるその重み。
時間を守る、締切を守る、連絡をまめにする、などなど。
これらは単に仕事をスムーズにすすめるだけでなく、
これらの行動は着実に相手の信用を積み重ねるものだ。
そしてそれが信頼となり、ゆるぎないものとなる。
信頼はちょっとした疑いでも跳ね除けるバリア効果がある。

疑いはいつ起こるか分からない。
こちらのミスかもしれないし、否応なしに起こることかもしれない。
そんな予測できない日への備えになるのが信頼。
そう、日々の行動が将来の備えになることを私は知っている。

今日の日を忘れないために。
5年後も10年後の初心を忘れない大人であるために。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://mio123.blog6.fc2.com/tb.php/279-c86c33e0

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。