2017・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/11/28 (Mon) 決断すること

「決断」することは、自分の可能性を狭めることではなく、
将来の可能性を大きく広げることだ。
「決断」、つまりは「決めて、断つ」ことの連続が、芯の
ぶれない、皆から信頼されているビジネスマンになる秘訣。
「決めて、断つ」ことの勇気と覚悟をもとう


この一週間、妹とじっくり話した。

彼女は、現在高校三年生。
看護学部を目指して勉強していた。
判定はいつもA。
ひとまず自己推薦の試験を受けることになった。

しかし、面接の練習で志望動機が答えられない。
予備校のチューターに言われたこと。
それは彼女も薄々感づいていたこと。
「あなた本当に看護師になりたいの?」

そして、彼女の中に疑問がわく。
「そもそも何のために大学に行くのだろうか」

胸のうちを明かしたのが推薦入試3日前。
ちょっとした大騒動。
母はパニックになった。
妹の担任がウチに来た。

それから夜な夜な妹と語った。
看護については語れないけど、大学に通うことの意味やおもしろさを伝えた。
そもそも看護を受けようと思った動機は
「看護ならどんな時代でもニーズのある職業だと思ったから」
だったらしい。
目の前にあることに夢中で、動機など考える余裕もなかった。
A判定を見ては安心していた、という。


誰でもあるとき、ふと考えること。
「果たしてこの選択は正しいのか」
「もしかしたら別の道の方がよかったのではないか」


人生は決断の連続。
ある社会人はこう言った。
「自分の判断軸で選んでほしい。
 そして、選ぶときに真剣に考えてほしい。
 決断を下した後は、それに従って振り返らず、前向きに歩んでほしい」



今、妹は工学部を目指すことに決めた。
物理や数ⅢCを今から死ぬ気で勉強する、という。

彼女の「決めて、断つ」ことの勇気と覚悟を応援します。
20051204123818.jpg

妹と話していたら、気づいたらこんなものが完成してました。
3Dのパズルで、たかが600ピースですが、海の部分が難しかった。
世界地図を見ないで作ったんだから、たいしたもんでしょ。

あー、思いっきりやることがなくなって毎日暇になったら、絶対パズルやろうっと。
5000ピースぐらいに挑戦したいな。
ジブリとかディズニーとかのかわいいやつ。
スポンサーサイト

comment









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback

trackback_url
http://mio123.blog6.fc2.com/tb.php/116-435eb263

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。