2012・01
<< 12 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 02 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012/01/31 (Tue) しっかりした女性
人から自分はどのように思われているか、を昔は気にしたものの、
まったく気にならなくたった今日この頃。

それはたぶん、経験を積み上げる中で何かと比較して相対的な自分自身を確かめるより、
絶対的な自分というものが確立してきたからだと思う。

目の前に座られていた秘書さんがご退職されるとのことで、メッセージ付のお菓子をいただく。
その中には「○○さん(私の名前)のようにしっかりした女性になりたい」とのお言葉。

久々に私は人にはそう見られてるんだな、と思った瞬間。
私、あんなにダメな子なのにね。

ま、on off切り分けができている、ということにしておこう。
スポンサーサイト

2012/01/27 (Fri) 期待と喪失感と鬱と

私は自分と
いつまでも付き合っていかなきゃならない

                華原 朋美 『tumblin' dice』



身近な方が鬱になったと知って、かなり衝撃的だった一昨日。

「○○さん、鬱らしいよ」という噂はたまーに聞くけども、
結局は自分と縁遠い人だったりするので「ふうん」としか思わなかったもの。
今回の場合は、年が明けてから明らかに顔がげっそりとし老けた印象だったので
体調悪いんだろうな、と思っていた矢先の出来事だった。

前にパンダに言われたことは、人はココロの中にタンクを持っていて、
その中に水がとめどなく流れてくるので、自身のコントロールで排水していくもの。
タンクの形は人それぞれ排水量も人それぞれで、
それが個性だったり処理能力だったりするらしい。

上からタンクへ流れてくる水の量は、そのときの環境で随分と異なり、
自分自身では制御しようがなかったのかもしれない。
周りにもコントロールしてくれる人がいなくて、
周囲の期待に応えられない自分自身に喪失感を感じてしまったのかもしれない。

本人からの意見は聞けていないから本当のところは分からないけど、
きっと誰にでも起こりうることだから、いろいろと考えてしまう。

2012/01/25 (Wed) color bars

color barscolor bars
(2012/01/18)
東京事変

商品詳細を見る


最近、新しいコンポで音楽を聴くのが楽しい。
素人の私が聴いてもピアノの音は◎

ここ一週間は林檎嬢の声をチョイス。
東京事変は今年で活動休止だそうな。
ライブのチケット当たるといいねぇ。

2012/01/24 (Tue) 想像の余白
昨年末に「人形浄瑠璃」を観てから、他の古典芸能も観たくなり
今月は「落語」「狂言/能」を立て続けに鑑賞。

きっかけは相方が三浦しをんの本を読んで「人形浄瑠璃」に興味を持ったことだが、
いずれも気軽な値段とよく知る場所で観ることができるもの。

●人形浄瑠璃
⇒人形浄瑠璃と言えば近松門左衛門ぐらいしか思いつかなかったが、
 文楽(ぶんらく)と呼ぶことを初めて知る。
 さらには、太夫、三味線、人形遣いの各パートに分かれるので
 実際にはあんなにも舞台上にたくさんの人が出るとは驚きだった。
 全く観たことがなかったので、私の目には一番新鮮に映った。

●落語
⇒一番馴染み深いし、何より現代語で話してくれるので言葉が分かるのが◎。
 今回は円楽一門の公演だったが、トリの円楽の噺はさすがの一言。

●狂言/能
⇒狂言は野村萬斎の回を鑑賞。
 狂言は言わば現代のコントのようなもので、誰でも楽しめる。
 一方、能はあらすじは事前に予習しておかないと、古典中の古典なので
 何を言って何を演じているのか途中で分からなくなること多々あり・・

落語はちょっと異なるが、人形浄瑠璃も狂言も能も限られた舞台セットだけで
物語を演じ、観客側に想像させるもの。
決してすべてを演じず、そしてすべてを語らない。
この余白部分を観客は想像して、それぞれで物語を解釈する。
きっと現代の映画もミュージカルもそうだと思うが、
想像の余白がエンターテイメントの真骨頂なんだろな。
そう言えば、同じことをその昔小林賢太郎さんも言っていたな。

小学生や中学生の頃、古典芸能鑑賞会という当時の私にとっては退屈な行事があった。
内容もさほど覚えておらず、、、ということは寝てたんだろうな。。。

大人になると感覚が変わり、こういうものも楽しめるようになることは嬉しいこと。
大人なるって楽しい。

2012/01/10 (Tue) 有言実行と無言実行
仕事をする上で、自分が誰にReportしているかは重要。
だって、上司がbughetを決め、評価を決めるから。

2年目ぐらいから上司を巻き込まないと進まないと案件を持っていたので、
直属の上司やその上の上司とも比較的良好なリレーションを築いていたけれども、
昨年後半ぐらいから案件自体で離れ始め、自分たちだけでも案件が回せるように。
そしたら先輩に言われたよ。
「もっと上司を巻き込まないとやっていないことと同等になるよ」って。

上司を巻き込むと、小さいことでも大きく見せられてしまうので
面倒も多いから正直嫌だけども、そうも言ってられないみたい。

「私、これやってます!」アピールって非常に面倒だし、
正直何も言わずに結果だけを残している人はかっこいい。
でも、それは求められてない。
必要なのは有言して実行して、なおかつ結果を残すこと。

無言実行じゃなくて、有言実行。

2012/01/04 (Wed) new shoes
明けましておめでとうございます。

ここ数年、仕事初めの日には新しい靴をおろす。
私の会社は1月に新年度がスタートするので、自分が部署を変わっていなくとも
新しい体制になったり、周りが変わるので1月は新鮮な気持ちになる。

もうそろそろ中堅どころになりつつあるので、新しい気持ちを忘れずにいられますように。
新しい気持ちを運ぶために、新年こそ新しい靴とともに。

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。