2007・09
<< 08 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 10 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/09/24 (Mon) 繰り返し、繰り返し

経験したことを熟考する
内省する時間を確保する
学んだことが汎用的に使えないか考える

当たり前な「思索すること」をもっと大事にしたいと思います

カール・W・スターン氏へのインタビュー記事の傍白 より


資料とか本とか、買って読んでしまっているだけでは意味がなくて、
いつでも必要なときに読み返すことが大切。

人間ってすぐ忘れる生き物だから。
ただ、忘却に助けられることも多いよね。
スポンサーサイト

2007/09/23 (Sun) keep on going
ACE撮影会
うーん。。
今週は、災難続きだったなぁ。。

災難と言っても、自業自得のところもあるので
すべてを天の災いとまとめられませんが。

ま、そんなこともあるさ。

週末でリセット、リセット。
おうちごはんは、しあわせ。

<photo** 母校の夕焼け>

2007/09/17 (Mon) いいチームとは?
研修をやっていると、つくづく思う。
『いいチームってなんだろう』って。

リーダーシップを発揮する人がいる、とか
調整役の人がいる、とか
ムードメーカーの人がいる、とか

メンバーの中にすばらしい能力の人がいることも大切だけど、
それ以前に『メンバー全員がチームでいることの価値を認識しているかどうか』
がとても重要だと思う。
そのチームの一員であることの意義とか価値とか、
それをメンバー全員がきちんと感じられているチームは強い。

ただの仲良しグループでもチームは成り立たない。
試行錯誤をして行く中で、チームはできあがるもの。

2007/09/11 (Tue) 科学的な努力の継続

どんな職種であれ、どんな商品であれ、成功の条件は
「科学的な努力の継続」に決まっている。(中略)
成功しなかった人が、「自分にはきっかけや秘訣がなかっただけだ」
「成功者は多大な苦労をしなければならないから大変だ」
そう思うことができて、社会の均一性が保たれる。
もちろん「科学的な努力を継続」した人がすべて成功するとは限らない。
だが、成功するためには「科学的な努力の継続」は絶対に必要だ。

                           村上 龍『カンブリア宮殿』より


成功には大きく3つの要因(きっかけ、苦労、秘訣)があることになっている、
ということに対する村上龍のコメント。
こういう文章を読むと、いつまでも努力できる人間でありたい、と思える。

※科学的な努力とは
 自分自身が現段階で劣っている部分を客観視し、
どのように解決するかというプロセスを踏むことで実現する。
それは短期間での実現は不可能で、長期的な視点で改善のフローを構築している。
ここでいう長期的な視点を持つということは、ヴィジョンを持っているかどうか。
ヴィジョンがなければ長期的な視点を保つためのモチベーション維持は著しく難しいだろう。

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。