2006・10
<< 09 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 11 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/10/31 (Tue) 夢の定義 ~誰か教えて編~
歯医者に行って、治療してもらったところが痛い。。
あぁ、彼の言いつけを守らず空腹感に負けて、
帰宅後すぐ、うぐいすなんか食べたのがまずかったのだろうか。。

***********************************
夢って何ですか。

一生かけて叶えるものが夢ですか。
現実味がないくらい、大きな目標が夢ですか。
他人に話して、他人を感動させることができたら夢ですか。

夢って探すものですか。
夢って自然と見つかるものですか。

実現させるものが夢ですか。
努力して成し遂げるものが夢ですか。

ふと思ったことは夢に入りますか。
途中で忘れかけたり、揺らいだりしたものは夢に入りませんか。
きちんとその理由が説明できるものが夢ですか。

夢=vision ??

夢って何ですか。

***********************************
ゆめ【夢】
①睡眠中にもつ幻覚。
②はかない、頼みがたいもののたとえ。
③空想的な願望。
④将来実現したい願い。

※広辞苑より

***********************************
ふと、こうなりたいと思うことはよくある。
もし、夢の定義が広辞苑の④ならば、私の場合その数が多すぎて、
果たしてそれが夢なのか疑いたくなる。

私の周りでは、不思議とひとつどーんと大きな夢を持っている人が多い。
それはそれぞれの経験に基づいて出てきたものだとは思うけど、
どれも明瞭で、揺らがないもののように見える。
対して私の場合は抽象的なものばかり。

夢ってなんでしょう。

***********************************

あぁ、歯が痛いよぅ~・・
スポンサーサイト

2006/10/31 (Tue) エスカルゴ宣言
エスカルゴを食した銀座の密室にて。

自分が20年勤めたとき、どんな姿になっているのかは分からないけど、
いつまでも熱く語れることがあるのは、本当に素敵なことだと思った。

もらった言葉はどれも聞いたことのあるシンプルな言葉ばかり。
でも、何度も壁にぶつかってそれを乗り越えてきた人は、
表面的な言葉の意味以上に、その言葉に重要性を知っているからこそ、
結果としてシンプルな言葉を選んだのだと思う。

下記のうち、はじめの4つは言葉の意味を噛み締めて。
残りの4つは半年以内の目標。
はて、体力はどうやったらつくのだろうか。


・あきらめないこと
・常にpositiveであること
・夢(vision)を持ち続けること
・素直であること


・TOEIC730を取ること
・車の免許を取ること
・簿記を取ること
・体力をつけること

2006/10/24 (Tue) のだめカンタービレ
『のだめカンタービレ』

昨日、やっとこ見ましたよ。
ストーリーもキャストも別にどうでもいいんです。
背景だけを見てください。

2006/10/21 (Sat) 帰国報告
ギザ1 アスワン1 アブシンベル1

エジプトより無事帰国しました。

エジプトは赤と黄色と緑の国。

赤は日干しレンガの色。
黄色は砂漠の砂の色、遺跡の色。
緑は畑の色、そしてナイル川の色。

5:30の日没と共に大砲が鳴る、それはラマダン終了の合図。
広場でも駅でも、みんなで食べる食べる。

同時に一緒にツアー参加した人たちがすんごく楽しかった。
8割が60歳以上のオヤジばっかり。
自分が生きてきた時代に誇りを持っている人たち。

旅はいつだって、人から学ぶもの。
一緒に行く人、現地で会う人、その歴史を築いた人。
時間も場所も越えて、いろんな価値に触れる。
さて、その後私は何を考え、何をするのか。
これから、これから。

2006/10/10 (Tue) 歩くスピード
「歩くの早いよね」
よくそう言われる。
別に急いでいるわけでもないけど、人混みの中にいると自然と歩くのが早くなる。

ゆっくり歩いていたら、遅れそうなんだもん。
ゆっくり歩いていたら、間に合わないんだもん。

焦ってないつもりだけど、焦っているワタシがここにいる。



2006/10/10 (Tue) 5000年の歴史
高1のとき、ステイ先の女の子がアメリカの歴史を勉強していて、
「あー、200年分も覚えられないわ」
と言っているのを聞き、
「ウチの国の歴史は、2000年以上分も覚えるんですけど」
を思った記憶がある。

でも、そんなのこの国に比べれば甘い甘い。
だって、この国の歴史は5000年以上。
私たちの祖先がせっせと縄文土器を作っているとき、
この国の人々はもうすでに大きな建造物を作り上げていた、という。

ついに、念願のエジプトへ。
しっかりとこの眼で歴史の重みを見つめたら、
その後は絶対に「羊の脳みそのフライ」を食べるんだから♪

時期がラマダンともろかぶりなんだけど、
私はむしろこの時期に行くことができてうれしい。
だって、お祭りだもの。
夜の彼らのテンション、めっちゃ高いらしいよ。
楽しみ、楽しみ。

2006/10/07 (Sat) コドモゴコロとオトナゴコロ
コドモゴコロを忘れない大人は素敵。
でも、オトナゴコロを持ち合わせてない大人はいかんね。

オトナゴコロって些細なこと。
ほんの少し気を配るだけ。
ほんの少し周りを見るだけ。

たったそれだけなのに。
たったそれだけのことが、できてないんだよなぁ。

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。