2017・07
<< 06 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 08 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016/01/29 (Fri) 最終日
s-ohana.jpg

本日、最終出勤日。
周囲に配慮してもらって(最後の方は元気だったからか働かされたけど。笑)
今日まで何事もなく出勤できてよかった。
元気なうに太郎に感謝。

各方面に御礼やら引き継ぎやら連絡すると
嬉しいお言葉もいただいたりして、苦しかったときもあったけど
仕事頑張ってきてよかったな、とほろり。

しばらくお休みに入ります。
自分のためにミラーレスのカメラを買ったこと以外何一つ準備していないので、
まず準備しつつ普段できていないことを、のんびりやろっと。
スポンサーサイト

2016/01/16 (Sat) 立つ鳥跡を濁さず
1月に入り新しい体制になり、私の後任が決定。
鋭意引継ぎ中な毎日。

私がこの部署に異動したのはちょうど2年前。
よって、引継ぎ資料は2年分の私の仕事一覧であり、
この一覧を見ると、仕事してた風な自己満足に浸れます。笑

引継ぎは相手が理解してくれないと意味がないけど、
どうしてもやりながら覚えていくしかないところはあるわけで
引き続き残る人もいるので、その方の支援も受けて頑張ってください!
としか言いようがないのが実情。

後任者に「周りの人にXXXエリア(私の担当エリア)が担当と言ったら
大変そうでかわいそう」と言われたらしく、かわいそうなエリアって何なんだと思いつつも
ふと、2年前にも同じこと言われたことあるな、と思い出しました。

私の担当エリアは社会的な意義はあるけれども
専門性が高すぎて(自分を含めた)一般ぴーぽーには理解しがたく
お客さんも渋々やってる感があるので、積極的ではないんですよねぇ。。

---------------------------------
産休の挨拶をすると、ありがたいことに「いつ戻ってくるの?」を聞かれるけど
保育園に入れるのか分からないし、働きたい気持ちがその頃まで持続しているのか
分からないのが正直なところ。
予定日が3/31で、いつ生まれるかで保育園事情が変わってくるので
相談させてください、と上司には言ってみたものの
生ぬるい回答をしてるんだろうな、と自分で思ってみたり。

私の会社は女性が働きやすい、と言われているけれども
育休から復帰する人の担当決めの際に、その人をどこの部署が引き取るか
モメていた場面をみたことがあるので、現実は甘くないのもよく分かっている。

私が作成した、この引き継ぎ資料は今後の不安とか焦りとかが詰まっている。
心配事は山ほどあるけど、考え始めたらきりがないので、
ま、まずは産んでから考えよう。

2015/12/29 (Tue) 仕事納め
本日が仕事納め。

今年は去年に比べたら、落ち着いて仕事をした気がする。
去年が新しい環境下で、トラブルに巻き込まれていたのが大きかったのと、
特に今年後半は仕事量が落ち着き、周囲の人にも気を使ってもらったからかな。

自分の仕事の出来に対する評価は別にするとして、
部署がイケイケどんどんムード(古い?)だったので
わいわいとやってきた一年。
営業である以上毎年そういうわけにはいかないので、
来年は部署としても転換を求められる年になるでしょう。

周囲でも後輩が辞めたり、ベテランの方が退職されたり、
私より少し上の先輩が異動されたり、と体制が大きく変わりそう。

来年は社会人10年目。
節目の年ですが、ちょっとお暇をいただき産休・育休の予定。
大事な年に不在になると不安でもあるが、人生長い目でみようと思う。
残り1ヶ月間悔いのないように。

2015/09/10 (Thu) 泣き虫と毛虫は大嫌い
というのは、昔読んだ漫画か小説のセリフ。

若い女の涙は価値があるのだから、出し惜しみしないと。
出し惜しみとは、出すことじゃない。
出さないから意味がある。

涙をめいっぱい溜めて、トイレへ。
そこで5分は出て来ず、先輩社員から心配されるぐらいがいい。

そんなことを思うのは、私が歳とった証拠かな。

2015/06/15 (Mon) passion lives here
ゼロをイチにする仕事は、多かれ少なかれ情熱が必要。
熱いココロというよりは、ミッションに向かうマインドと覚悟。
この気持ちがないと続かない。

「passion lives here(情熱はここに息づく)」はトリノオリンピック開会式のテーマ。
普段は情熱から遠のいた生活をしていますが、
何であれココロに秘めたpassionが
何だかんだ最後はモノを言うと思っていて
私の好きな言葉の一つ。

ちなみに21世紀以降の冬季オリンピックのテーマは以下の通り。

ソチ、ダサい…

ソルトレイク(2002年):Light the Fire Within."(心に火を灯せ)
トリノ(2006年):Passion lives here.(情熱はここに息づく)
バンクーバー(2010年): "With Glowing Hearts"(燃える心と共に)
ソチ:"Hot. Cool. Yours."(ホットで、クールな、みんなの大会)

2015/04/20 (Mon) 素直さ
私は1年目から2年目にかけて、時期ごとに計4人の師匠にくっついて仕事を覚えたのだけれども、
そのうちの師匠④から連絡があり、娘が就活なのでと依頼され話を聞くことに。

その中で「なぜ自分が採用されたと思いますか」と聞かれ、恥ずかしくて
うやむやな答えをしてしまったが、私の中では今でも
「当時、素直だったから」採用されたと思っている。

そして先週も結構いい大人に「○○(私の名前)さんって素直だよね」と言われた。
さすがにこの歳になって「素直」はどうなんだか、と思ったけど、
入社したとき 当時会長の人に「なぜ△△さんを社長に指名したのか」と聞いたら
「一番素直だったから」というシンプルな答えを目の当たりにしたことがあるので
悪い意味ではない、と思うことにしよう。
(今から思えば△△さんが社長在籍期間は会社としても激動の時代だった、、)
おそらく、この「素直」の中には「誠実さ」とか「潔さ」とか一言にはつめきれないぐらいの
たくさんの意味が込められていることと思いますが。

オミソ(ちまたでは、三十路のことをこう呼ぶらしい)ラストスパート。
ミソイチになっても素直なままで。

2015/03/23 (Mon) 同期会
最近は誰かが辞めないと開催されない同期会。

配偶者がいて、子供がいて、自分の時間も必要で
対面している状況は人それぞれだけども、
たまたま同じ会社に入り、
たまたま同じ職種を選び
会社や社会状況から酸いも甘いも噛み分けて
駆け抜けてきただけあって、同じ基盤がある分
集まるだけで安心感があり、笑いの絶えない仲間がいることは心強い。

私たち、若手後期(会社の中のカテゴリーでは、こう分類されるらしい)は、いよいよ本格的に中年層に突入。
2007年入社の新人は「デイトレーダー型」と言われ、
近年では比較的大量採用だったこともあり、すぐ辞めると言われていたけれども
どんな形であれ8年間も働いてきたということは、自分の糧。
ビッグマザーが言うんだから間違いない。

ふと、自分って何ができるんだろうと我に返って、
自分の存在意義を問うたりしてしまうので
パンダのお告げを思い出そう。
私がみてきたすべてのことは無駄じゃない。

社会人8年目から9年目への春。

2015/03/06 (Fri) 卒業
先々月には入社した時に同じ部署だった一つ上の先輩が、
今月には入社してから一人前になるまで一緒にいた後輩が、
そして入社前から知る同期が、
会社を卒業する。

考え深い春。

2014/03/28 (Fri) 信頼貯金
1月に新しい部署に異動して、
ゴタゴタしていた関係で2月後半でやっと担当がはっきりして、
3月から本格的に案件に携わるようになって約1ヶ月。

正直、結構苦しいです。。

やはり、誰に何を聞いたら問題が解決するのかが見えてないのがいかん。
情報を入手するためには、最適な人を見つけること。
そして、コイツだったらまぁ教えてやるか、と思ってもらえること。

新しい環境にいるのだから当然なのだけども、
加えて今の担当に既存案件があまりないのが痛い。。
SE/CEさんの力は偉大です。
CEさんのパスは見つけたから、あとはSEさんと営業側の情報ネットワークだな。

問題に直面して改めて自分の中には何の情報もないと気づかされた一週間。
だったら人に聞くしかない。

信頼貯金を貯めて、ワタシを存在させたいものです。
あと、ささいなミスは1円、2円と貯金から差し引かれてしまい、
「ちりつも」の可能性があるので、一つ一つの行動に注意しなくちゃ。

ほんとその辺の新人と変わらないなぁ。。。

2014/02/03 (Mon) 最近読んだ記事:「企業が長時間労働をやめられない理由」
年初より新しい環境で働いて早一ヶ月。

人間関係がいろいろな意味で複雑すぎて、どう自分のポジションを築けばいいのか
戸惑う日々が続いています。
これまた扱っているものが難しいのよね。。
この一週間で勉強せねば話にならない。

最近読んだ記事より。
この10か条を肝に銘じて、日々前進する!

佐々木常夫「企業が長時間労働をやめられない理由」

1. 計画主義と重点主義
 ・仕事の計画策定と重要度を評価
 ・仕事はまず計画してから
 ・すぐには走り出さない

2. 効率主義
 ・ゴールまでの最短コースを選ぶこと
 ・通常の仕事は拙速を尊ぶ

3. フォローの徹底
 ・自らの業務遂行の冷静な評価を行い、レベルアップにつなげる

4. 結果主義
 ・仕事はそのプロセスでの努力もするが、その結果で評価される

5. シンプル主義
 ・事務処理、管理、制度、資料、会話はシンプルを持って秀とする

6. 整理整頓主義
 ・仕事の迅速性につながる

7. 常に上位者の視点
 ・自分より上の立場での発想は、仕事の幅と内容を高度化する。見える風景が変わる

8. 自己主張の明確化
 ・沈黙は金ではない。言葉にして「思い込み」に気づく。しかし他人の意見をよく聴くこと

9. 自己研鑽
 ・向上心は仕事を面白くする

10. 自己中心主義
 ・自分を大切にするということは、人を大切にすることと同義である



最近の記事

最近のコメント

プロフィール

みおみお

  • Author:みおみお
  • 生まれは愛媛、東京育ち。
    現在社会人9年目の31歳。

    ■最近の動向■
    シャカイジンになって8年が経ちました。
    産休に入り、つかの間ののんびり生活を楽しんでます!

カテゴリー



月別アーカイブ



リンク

このブログをリンクに追加する



最近のトラックバック



RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。